FC2ブログ

Post

        

ここでも音程かあ!

category - フラウトトラヴェルソ
2018/ 06/ 17
                 
DSC00832_convert_20160608085107_convert_20160628134436.jpg

 木管は木管でも今度はトラヴェルソのレッスンでした。我々の演奏を聴いて師匠は訳解んない顔をしていました。なんだろう、音程がめちゃめちゃのせいなのかそれなりに弾けているのに音楽になっていないと。個々の音の音程を修正しながら吹き方の指導です。  
 チェロは指の押さえ位置が違うから音程がずれるのですが、これは単純明快なんですが、笛は指は正しくても音程はずれる、特にトラヴェルソじゃあそれを聞き分けて修正をする。この音程を聞き分けるというのが至難の業、指摘されればそうかなと思うくらいの感覚しか持ち合わせていませんからね大変なのである。
 そうするうちにだんだんわかってきました。そもそもがモダン風に、ってこれはモダンとしても間違いなんですが、メリハリを付けて元気よく吹いちゃったんだな。これが間違い、もっとソフトにボワ~ンとセツナそうに、怠惰に演奏すれば雰囲気が出る、音程もあってるような響きになる、そんな風に聴こえる、これがオイラの結論です。師匠に叱られるかな、でもある一面はそんなもんで間違いないと思うのですが。

 レッスンがあるちゅうんで慌てて復習うとついこの楽器の特性を忘れているのです。普段からもっと身近に感じていないといけませんね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント