Post

        

自分の腕は棚に上げて余計なことを言うな!

category - 楽器
2018/ 06/ 10
                 
DSC06590_convert_20180610132808.jpg

 台風が近づいているのか時折激しく降る雨を縫ってガンバのチェンバロ合わせに行ってきました。まあこんなものかなという仕上がりでまずはほっとしました。あとはもう少し細部に手を入れて落ち着いて演奏できるようにすれば良いかな、ってとこですかね。まあ、本番ではどうなるかわかりませんけど、それはいつものこと、ともかくあとは復習だけです。

 ということで次は明日のフルートレッスンの準備をせねば。シューマンのアダージョとアレグロ、これをフルートで演奏すると言うのは結構ハードルが高いんじゃあないのかな。チェロとフルートってオリジナル曲が少ないので勢い何か演奏するとなると他の楽器のために書かれた曲のアレンジものになることが多い。だから重なっちゃってね、この曲もチェロで演奏されることも多いみたいでフルートと聴き比べてみれば、やばいな、差は歴然、比べちゃあいけないんだろうけどね。それに、オイラの腕じゃあチェロでは弾けない、楽器としての潜在的な表現力が違うもの。もっともプロが演奏した場合であってオイラの演奏でそんな事を言っても始まらない。それでもなあ、この曲結構厳しいな。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント