Post

        

華麗なる舞!

category - ヴィオラダガンバ
2018/ 06/ 01
                 
DSC06572_convert_20180601083920.jpg

Marin Maraisの誕生日を祝うコンサート ラリールにて

 バスガンバが三台も揃う演奏会って初めて聴くかな、コンソートじゃあないですから結構珍しい編成だと思います。いいですね、弦の重なり合った響きに二段チェンバロの重厚な味付け、こうゆうの好きですね。奏者もベテラン、中堅、新鋭とそれぞれの魅力が光って楽しめました。
 今回特に気付かされたことは我が師匠の演奏スタイルがいつもにも増して華やかになったこと、かっこいいんだなこれが、美人だから尚更映えるんだよな、弓さばきの華麗なこと、よし真似ようっとなんて思うと墓穴を掘るからしませんけどね、気分はいただきです。
 同じ弦でもチェロに比べると弦の数が多いですから右手の動きはいそがしい、弓が踊ってるようです。これも見せ場の一つですね。何事も見た目良ければ全て良しと言うのは真理かもしれません。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント