Post

        

古楽器の世界!

category - 楽器
2018/ 05/ 17
                 
DSC06522_convert_20180517123427.jpg

 ヴィオラ・ガンバ・協会からの会報が届いた。現在の会員数は250名ほどなんだそうな。多いと言うべきか少ないと言うべきかは何とも言えませんが、まあいわゆるボランティアでの運営ですから活動が続いてるだけでも立派なもんです。トラヴェルソなんてそんな組織すらありませんものね。当然合宿なんぞもあるんですけどね、さすがにこれ以上参加するのはいろいろと大変ですもの、ここ数年は不参加なんだが行きたくもありという気持ちがないわけじゃあない。まあ、ほどほどにしませんと身が持たないですから。

 アマチュアが手にする古楽器と言ったらリコーダーが一番歴史が古いんでしょう、トラヴェルソはだいぶ後ですもの。たぶんリコーダーをやられていた方がトラヴェルソも手にしたのが最初のアマチュアですかね、我が師匠が帰国されてからモダンのプロのフルート吹きがどっとトラヴェルソを吹き始めたんじゃあないでしょうかね。そしてオイラたちみたいなアマチュアまで始めたから同じトラヴェルソ吹きでも出だしはだいぶ異なってるんじゃあないかと推察してるんですけど。
 もっともオイラみたいなタイプは少数派で多くはリコーダーからですからまあほとんどマニアというかプロはだしの人が多いみたいです。

 さて、ガンバの世界はどうなんでしょう。詳しくは知らないのですがこちらはアマチュアの人の愛好家が昔から多いみたいで最近大学でガンバを教えるところが出来てから留学される人が出てきて、その方たちが帰国し出した頃からオイラみたいなアマチュアが増えてきたのかな。だからこちらも同じアマチュアと言っても古くからの方はほとんどセミプロみたいですもの。

 だからどこの世界に行っても純粋アマチュアみたいなオイラたちは肩身が狭いのである。

 
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント