Post

        

オイラは見透かされているんだ!

category - フルート
2017/ 10/ 08
                 
DSC05088_convert_20171008142742.jpg

 う~ん、まずい曲やることになっちゃったな。暮れのおさらい会で演奏する曲はほんの小品なもんで先生がこれじゃあすぐ仕上がっちゃうからこれはこれとして、来年の発表会でやってもいいからこれやる、と手渡されたのがドボルジャークのソナチネ、ヴァイオリンの曲じゃん、ここらへんのジャンルは手掛けたことないからと二つ返事でOKしたのは良いのだが吹いてみたらなんか難しいな。譜読みは簡単なのだが違う難しさが、大体がどの楽器だってソロしかやって来てないものね、いわゆるアンサンブルとかコンソートとかは避けてきたつもりはないが時間が足りないから手を出していない。そりゃあソロで演奏するんだって無伴奏以外は合奏だからね伴奏や通奏低音と一緒に音楽を作っていくんだが大体がメロディーを弾くことになる。だけどこんどのソナチネ勿論メロディーの部分もあるがピアノとフルートと2つで一つの音楽を奏でるという意図で作られている。前にやったことのあるフルートとハープのためにの協奏曲もそうゆう性格の曲だったけど、これって苦手なのである。

 そうゆう欠点を補おうとトラヴェルソではいつも二本で演る曲選んでオイラはセカンドをやることにしているのだが、案の定落ちますけどね、こんども修業だと思って頑張るか。そうか、師匠はそこまで読んでこの曲を選んだのか。オイラは見透かされているんだ!
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント