Post

        

ちょっとばかし嬉しい気分!

category - 演奏会
2017/ 09/ 21
                 
DSC05047_convert_20170921091829.jpg

 いつものように太極拳に行ってきました。相変わらずのマンツーマン、なんでこのクラスは人気がないんでしょうね、オイラのせいじゃあないもん、この方がオイラには都合がいいわけだがなんとなく寂しくもあり、複雑な心境である。太極拳って基本は下半身なんだよね、だからみっちりやると脚ががくがく、結構効く~って感じ、ふう疲れた。たしかにな、太極拳って楽器以上に進歩が実感しにくい、同じことの繰り返し、少しずつの変化ですから忙しい現代人にはむいてないのかも。なんでもすぐ成果が出るほうがいいものな、でもそうゆうものはすぐほうりだしちゃうけどね。そういえば太極拳にはプラスアルファーの楽しみなんてものはないものな。たいていの趣味は道具に凝るとかね、いろんな楽しみ方があるもんだが、そうか太極拳は趣味にはならないな、どちらかというと修行してるような感覚だもの。まあ楽器だって同じようなものかも、高じてくれば修行と同じ感覚になってきますものね。

 さて、フルートとハープの企画がうまくいきました。といってオイラは受付にいたんで聞こえてはいたがちゃんとは聴いてないんですが。こんな演奏会聴いてみたいなときっかけを作ってるだけなんですが自分自身はまともに客席で聴けない場合が多くて何とも痛し痒しなんです。そんな折に今度はバロックの演奏会の企画が持ち上がってきました。ミニヨンでのチェンバロを使った演奏会です。何とか一回こっきりではなくてシリーズ化できたらいいなあと思ってるのですが、まずは一回やってみることから始めましょう。
チェンバロを置こうと思ったときの構想に少しずつ近づいてきたかなあと、ちょっとばかし嬉しい気分です。

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント