Post

        

そんなことで悩んでみたい!

category - フルート
2017/ 08/ 27
                 
DSC04980_convert_20170827102729.jpg

 昨日のフルートレッスンでは先生と楽器談義なんぞしてしまった。ルイロット、師匠もお持ちなのである。弦楽器奏者以上に楽器にこだわるのがフルート吹きかもしれませんね、フルートの特性上奏者にしか聞こえない音って素人考えですけどあるような気がするんですけどね、オイラはカラオケのマイクを手にすることはまずないのですが、傍目から見て必ずしも上手いとはいえない人でも陶酔して歌い上げてるのを見ると、きっと自分自身に聞こえてる音は他の誰の歌声にも増して素晴らしいからなんだろうと、だって歌の場合は自分が感じ取る音と他者が感じ取る音とは明らかに異なるという経験はどなたでもあると思います。フルートの場合も歌ほどではないにしても躰が楽器としての役割を果たしてますからね。

 だから多分、アマチュアレベルでも楽器の個体差による音色の違いを感じ取ることが出来るから凝る人はこだわるようになっちゃうのだろうな。だけど聴き手側からするとその違いを感じ取ることは至難の技というしかない。まあ、大抵の場合楽器替えるよりは自分の技量を上げるほうがベストなのは決まってるんですけどね、そうは言っちゃあ身も蓋もないわけで、だけどそうゆう悩みを抱くようになったらレベルが上ってるということかな。

 オイラにはその悩み全くなし、つまりまだまだ相当下手くそということか、それもなんだか寂しいですね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント