Post

        

歳とったらひねくれて来るのかなあ!

category - 演奏会
2017/ 08/ 25
                 
DSC04779_convert_20170825104515.jpg

 演奏会を目前にしての弦楽四重奏の試演会とやらを聴いてきた。毎年のことなんですけどね、あまりにもおつき合いが長くなっちゃって少しばかり疲労感が無きにしもあらずなんだが、多分それだけじゃあないんだろうな。きざな言葉で言うと長い年月の間に自分の意識の中では聴く人間から弾く人間にいつの間にか移り住んでしまったような感覚、タダの一介のアマチュアなのに大層な発言だが意識としては聴く人間ではなくて弾く人間になってしまったということなんだろう。

 音楽が好きと言ってもまあ、ここで言う音楽とはクラシック系ということなんだが、聴くのが仕事みたいに聴きまくっているが自らは楽器をまったく手にしない人種と演奏会だってたまには行くがもっぱら楽器を弾くことに専念する人種と二通りに分かれるわけで、行きがかり上オイラはそのどちらともおつき合いがあるわけである。

 どちらの立場に立ってみてもお互いに相手の気持ちとは微妙な違和感があるようで、オイラなんて段々聴くだけの人の気持ちなんてうざったく感じるようになってしまったのはなんでだろう。そんなこと口には出しませんけどね、反感買うの分かってますから。単に歳のせいで人間がひねくれてきてるんですかね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント