Post

        

バロックは面倒なのだ!

category - フラウトトラヴェルソ
2017/ 07/ 30
                 
DSC04798_convert_20170730105653.jpg

 トラヴェルソレッスンは最終楽章までいきました。初見でも吹けそうな簡単な譜面ズラなんですがね、そこはバロック、モダンで吹きやあなんということのない演奏がそうは問屋がおろしません、すこぶる面倒なのです。同じ音符でも場所によって表現方法が異なるのです。それはみな演奏家自身が決めること、勿論オイラたちにはそんな芸当出来ませんからねみんな師匠が考えてくれるんだが、それを笛で表現しろというわけだ。オイラたちには手に余る高度なことが要求されるわけである。まあ、そんなこと出来るわけもないから最終的にはそんな雰囲気を感じて演奏するに落ち着いちゃうわけだが、・・ココは師匠に内緒、バレてますけどね・・それだけでも随分と演奏が変化してくる。

 さて、だから最初に戻って復習い直して置かなければいけない。やばいな、もう何言われたか忘れてるものな、とそんなことを繰り返しながらこんどはもう何回目だろう発表会出動である。参加者人数も半端じゃあないですからね、普通の発表会の三倍くらいの規模になるんだろうな。

 と、二時間のレッスンを終えてヘロヘロになったその足でフルート演奏会へ、つかれきってぼ~~~~っと聴いてました。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント