Post

        

負け惜しみ!

category - 楽器
2017/ 07/ 28
                 
DSC04792_convert_20170728095504.jpg

 楽器を手にしたら上手くなりたいとは誰しもが思うこと。自分が楽しめればいいんだよとうそぶいてるオイラでもそりゃあ上手いに越したことはない。しかしそのためには努力しなければならないからここが思案のしどころ、努力するんだってねえ苦しくなるほどはしたくないもんだから悩むのである。つらつら考えてみれば後になって考えればこうやってればもっと早く上達したんじゃあないかと思うこともあるがそりゃあ後の祭りだ。けどまあ、それだけの経緯があるからそう言えるんであって通り過ぎなければならない過程なのであろう。そんなとこまでは先生の守備範囲を越えてるからこっちが自分で思いつかなければいけないということなのだろう。

 楽器を楽しむんだって上手いほうが楽しいに決まってますものね、でも上手くなる余地が残ってる方がアマチュアの立場としては気楽なようでプロ並みの腕前になっちゃったりしたらその先どうしようかとこれまた悩みになっちゃうようで、プロとしての活動に足を踏み出す人もいればそこまではと躊躇したり他の楽器に手を出したりと色々あるみたいで、二、三そんな方も知ってますけどね。

 つまりいつまでたってもヘタッピーのほうがアマチュアとしては気楽なのであると負け惜しみを言ってみるのだ。

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント