Post

        

楽器を演奏するってしょうもないことなんだよ!

category - 楽器
2017/ 07/ 27
                 
DSC04789_convert_20170727084358.jpg

 アマチュアと言えども千差万別であるからして一概には言えないわけだが、基本的には楽器を演奏する技術を段階を追って習得しその段階にふさわしい曲を演奏するのがベストなわけであるが、そこはそこおとなになってから始めた輩はそうは言っても自分が好きな曲をいっときも早く弾きたいわけであって弾けないのは分かっていても譜面を揃えたりするわけである。いつかは弾けるようになりたい思いが昂じるとともかく弾いちゃえ、弾けなくてもいいから弾いてみたくなるわけである。
 それがもっと昂じるとオイラみたいに無謀にも発表会で人前で恥を晒してしまうわけだが、コチラにはコチラの言い分があるのである。弾けるようになるのを待ってたらコチラの人生が終わってしまうかもしれない、楽器の上達が目標ではないのだ、好きな曲を弾きたいという願望を満たすのがモチベーションであるからして演奏の出来は二の次なのである。

 しかしながらそうは言っても下手で満足するわけじゃあないから段階を追って進むしかないわけであるからして、ふう!シンドいのである。結局物事は順番通りやるのが一番の早道というわけなんである。とまあそんな思いで揺れ動いてドタバタしているのが本当なところかな、しょうもないね。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント