Recent Post

        

手ぶらでガンバレッスン!

category - ヴィオラダガンバ
2018/ 02/ 25
                 
DSC06185_convert_20180225091046.jpg

 久しぶりのガンバレッスンに行ってきました。この後に用事があるので今回は手ぶらでレッスンです。師匠の楽器をお借りして弾きました。慣れない楽器でどうかなと思ったんですがなんとか弾けました。ガンバに限らず弦楽器というのはサイズ的には種々雑多なので別の楽器を手にすると多少は戸惑うのでよね、ガンバの場合はフレットの間隔が多少なんですけど異なりますから。

 急に上手くなったなんて師匠に褒められて気を良くして次なる目的地へ出かけた。チェロの同じ門下のかたの写真の個展を見に行ったのだ。美術に関してはオイラはまったく感性がないからなんだかんだと言うすべもなく、ただぼうっと見てきただけなんだが、この方Bachの無伴奏の全曲制覇を志しているんじゃあないかと、オイラが勝手に想像してるだけなんだが、個展をエウレカと名付けたことなどからなんとなく気持ちは伝わってくる気がしました。

 写真好きの二人の友人を誘っていましたので相方と4人でもちろんその後久しぶりに新宿で飲みました。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

さあ演奏会の始まりだあ!

category - フラウトトラヴェルソ
2018/ 02/ 23
                 
蝗ス譫拈imgs-0001_convert_20180223105404

速攻で作りましたチラシです。このブログに載せてもなんの効果もないですけどね、そこはお知らせということでご挨拶です。
なんということはないもっぱら自分の楽しみのために演奏家の皆さんにお願いしていたわけですが、やっと実現の運びとなりました。
やはり音楽は生で聴くのが最高、特にバロックは小さな会場で演奏者の息遣いまで感じられるような環境でこそ、その醍醐味が味わえるというものです。初回成功させて次へとつながるといいな。
                         
                                  
        

嬉しい知らせ!

category - ヴィオラダガンバ
2018/ 02/ 22
                 
DSC01885_convert_20160921095546.jpg

 ガンバ製作家からのメール、いよいよネックの彫刻に入るとのこと。目一杯装飾を施してもらって皆の羨望の的になるか顰蹙を買うか、おそらく後者だろうな。ろくに弾けもしないくせになんだあの楽器はなんてね。いいんです、それでもいいんです。弦楽器ですから、腕前関係なしに良い楽器のがいいんです。もっとも彫刻や装飾は響きに関係ありませんけどね。なんでも見た目が重要ですもの。

 そんなこと言ってるうちにガンバレッスンが間近だ。相変わらずの泥縄、付け焼き刃、でも十年一日のごとく同じ曲を復習っていればそこそこは弾けるようになる。最近悟ったんだが、大した技術がないうちは次から次へと新しい曲に手を染めるより同じ曲を繰り返し掘り下げていったほうが勉強にはなると。まあ、それにしても長すぎるかな、そろそろアーベルは卒業しないと。
                         
                                  
        

Ars longa, vita brevis!

category - フラウトトラヴェルソ
2018/ 02/ 21
                 
無題
ミッシェル ブラベ さんです。

 とまあオイラたちは随分と昔の人の作品を演奏するわけなんである。それも遠い異国のね。250年後には自分の作曲した曲が極東の想像もつかない人達によって演奏されるなんて、思っても見なかったでしょうに。だからなんだということは何もないですけどね。

 人生は短い、されど芸術は永遠なり(Ars longa, vita brevis)なんて言いますからね、そう言えばミニヨンのチャンバロにも書いてあったかな。短い人生のオイラは芸術の欠片くらいを味わっただけで終わっちゃうんだろうね。

 ということで毎日楽器練習に勤しむわけなんである。
                         
                                  
        

プログラムが決まったぞ!

category - 演奏会
2018/ 02/ 20
                 
DSC01120_convert_20160623101320.jpg

 5月に予定しているミニヨンの演奏会の曲目が決まったと連絡がありました。リコーダーの予定だったんですが今年はブラヴェの没後250年なので、トラヴェルソでのプログラムに急遽変更したんだそうナ。チラシの印刷をお手伝いする約束なのだが、どうもデザインからコチラに丸投げのつもりらしい。 いいのかな、オイラがやってもいいけどド素人ですからねそんな洒落たものは出来ないぞ。うん、たしかにそんなことできそうもない人だけど、今までどうしてたんだろう。きっと共演者におまかせだったんだろうな。

 最近の若い人はパソコン世代ですからそんなのお手の物ですけどね、オイラはジジイだけど必要に迫られればやります。でも、感覚古いから仕上がりがいまいちダサくなるのは否めない。まあ、我慢してもらおう。でも嬉しいな、ミニヨンのギャラリーでトラヴェルソは初めてかな、やっと夢が叶うのです。